天然むすめはギャルの痴漢手マン無修正動画を月額定額で配信

『ああぁ・・ん・・だめ・・声出ちゃう・・』天然むすめは正面に立つギャルを見つめました。ギャルは一切表情を変えずにいました。オマンコの入り口はヌルヌルで男の人の指が割れ目をなぞっていました。ギャルの肩越しに知らないオジさんがこっちを見たのが見えました。その向こうにも違う人の顔がこっちを向いたのが見えました。『まずいよぉ・・』天然むすめは下に下ろした手でギャルのズボンを引っ張りました。ギャルは何も言いませんでした。『あっ・・』オマンコの周辺を撫でていた指がニュルッと中に入ってきたのがわかりました。『んぅ・・入ってきたぁ・・』天然むすめのオマンコはすでにヌルヌルでほとんど抵抗を感じずに中に入った指を感じました。『まずいよぉ・・』天然むすめは思わず下を向いてしまいました。3つ目、4つ目の駅も反対側のドアが開いて車内はもうギュウギュウでした。新しいお客さんが乗ってこようとしてももう入れないので天然むすめたちはその場に張り付いたように動けませんでした。つまり、天然むすめの周囲にいる人たちもずーっと同じ位置だってことです。その間もオマンコの中の指は入れっぱなしでした。オマンコの中に異物感があり続けていました。『はぁぁ・・ばれてるかも・・』と思いました。天然むすめの後ろはオマンコをいじっている人がいるのはわかっていますが、その隣は誰がいるのかわかりません。座っている人の顔の高さに天然むすめのお尻があるので、もしかしたら座ってる人が気付いているかもしれないと思いました。天然むすめの左右にはお尻と胸を触っている常連さんたちがいますが、その人たちの隣の人たちは知らない人でした。『もしかしたら、常連さんの隣の知らない人、気づいてるかも・・』と思いました。下を見ても何も見えず、天然むすめはただ想像するしかできませんでした。目的の駅まで残り5分くらいになりました。天然むすめの顔はすでに真っ赤になっていたと思います。満員ということもあってとても暑くて汗が吹き出てきました。天然むすめの胸を揉んでいる手が天然むすめの乳首をキュッと摘むと思わず声が出てしまうところでした。オマンコに入っている指はゆっくりと中で曲げられたり伸ばしたりを繰り返していました。感じないわけはありませんでした。『音が・・聞こえちゃう・・』と思いました。クチュクチュ・・というオマンコが立てるイヤラシイ音がばれそうでした。天然むすめの息は自然と荒くなっているようでした。正面に立つギャルを見るとジーッと天然むすめを見ていました。その目に天然むすめはイッテしまいそうでした。ギャルに見つめられながら満員電車で手マンされる天然むすめはとてもヤラシイ変態でした。『あ・・うそ・・』天然むすめの右手が男の人に掴まれて何かに触れました。手にチャックのような金属が当たり、そして指先に生暖かいものが当たりました。『オチンチン・・』すぐにわかりました。天然むすめのお尻を触っている右隣の人がズボンのチャックを開けて天然むすめにオチンチンを触らせたのです。

天然むすめのスマートフォンでの入会の詳細はコチラから