天然むすめはギャルの痴漢電車のセックス無修正動画をスマートフォンで配信

『あぁ・・』と声が漏れてしまいそうでした。意識が飛びそうなくらいドキドキしました。満員電車の中で生のオチンチンを触るなんて、普通はあり得ない経験でした。天然むすめはそのオチンチンを指と手のひらで包むように揉んであげていました。言われたわけではありませんでした。天然むすめは自分の意思でオチンチンを揉んでいました。親指と中指でカリの張っているところを見つけて、そこを上下に軽くしごいてあげました。だんだんとヌルヌルしてきました。天然むすめにオチンチンを触らせているの表情は変わりませんでしたが、その人の天然むすめのお尻を揉んでいる手が激しく動くようになっていました。そして、今度は左手を掴まれました。『あぁん・・こっちも・・』左手にもオチンチンの感触がありました。天然むすめは左手でもオチンチンを握っていました。ギュッと握ると、オチンチンのドクンドクンを強く感じました。『右のオチンチン・・ヌルヌルしてるぅ・・左のオチンチンカチンカチンだ・・あぁ、すごい・・え?・・あ、あ・・ああんっ!だめっ!!』乳首がキュッとつままれと思ったら、オマンコにさっきよりも太い感触が一気に入ってきました。指を2本入れられたのです。そして中に入ってきた指がオマンコの中を引っ掻くように動き出しました。オマンコの中で指が暴れていました。天然むすめは膝がガクガクしてきました。内股になってしまって、オマンコに入ってる指を締め付ける感じになってしまって余計に感じていました。力を入れられないので思わずオチンチンをさっきよりも強めに握ってしごいていました。『あぁ・・オチンチン・・硬くなってる・・あぁん・・だめ・・オマンコの中の指、動かしちゃだめ・・だ、だめ・・』ギャルが天然むすめを見ていました。『あ・・え・・』天然むすめのスカートの正面から手が入ってきました。ギャルでした。ギャルの手は天然むすめの陰毛を撫でて、器用に陰毛をかき分けるとその指は天然むすめのクリに触れました。『はああっ!!』電気が走ったみたいでした。「あん・・」思わず一瞬だけ声が漏れました。『まずい・・聞かれた・・』膝がガクガクしました。オチンチンをギュッと握ってしまいました。そして天然むすめは頭の中が真っ白になりました。電車が止まるまであと1分とか2分とかでした。車内アナウンスが車内響く中、天然むすめは満員電車の中で後ろから指2本でオマンコをかき混ぜられながら乳首をこねられ、2本のオチンチンを握りしめて、ギャルにクリをいじられているんです。前後左右から立ったまま責められているんです。公共の場で痴漢プレイとは言え陵辱されてるんです。『だめ・・だめ・・もう我慢できない・・でちゃいそう・・指だけでも止めて・・んーー』本当に我慢できなくなっていました。漏らしてしまいそうなくらい感じていました。電車のスピードが落ちてきて、周囲の人が降りる準備を始めたのに、オマンコの中の指も天然むすめに握らせてるオチンチンもクリを弄るギャルの指も止まりませんでした。

天然むすめのスマートフォンでの入会の詳細はコチラから