天然むすめは巨乳JKの痴漢露出セックス無修正動画を高画質で配信

車内痴漢プレイで止まらなくなっている体、公衆トイレに入るところを見られ、口とオマンコをオチンチンで埋められて、天然むすめはこの行為にものすごく興奮していつも以上にオマンコが敏感になってる気がしました。この時は、みんなが天然むすめの体に射精しました。天然むすめは胸、お尻に精液をつけたまま巨乳JKの精子をオマンコに出してもらいました。もう何度イったかわからないくらい興奮して気持ち良くなっていました。「じゃあ、気をつけて帰るんだよ」巨乳JKたちはここから会社に行ってしまい、天然むすめはトイレに一人放置されたんです。これもドキドキしました。「体についた精子、拭き取っちゃだめだからね」巨乳JKの指示通り、天然むすめは体に精子をつけたまま服を着ました。もちろん、精子のついてる部分は服がねっとりとしていましたが、天然むすめは言われた通りにそのまま帰りの電車に一人で乗りました。平日午前中の下り電車は空いていました。天然むすめは『精子の匂いしないかな・・』と思いましたがどうすることもできなくて、ボーッとしたまま一人で座っていました。向かいに座る人もおらず、ただほんの1時間前に自分がやったプレイのドキドキが残ったまま家に帰りました。そして、家で天然むすめは精子を体につけたままオナニーしていました。電車内での痴漢プレイ、そのまま駅でのご褒美セックス、そして一人で体に精液をつけながらの帰宅・・この日のプレイに天然むすめは異様に感じていたんです。電車でのプレイに天然むすめはハマりました。もちろん、露出プレイだけではなく痴漢プレイやその後のご褒美輪姦も天然むすめがハマった理由でした。アブノーマルなこと、バレたら犯罪っていうスリリングなところもゾクゾクする原因でした。一緒にいった常連さんたちもハマったようで、すぐに2回目がありました。2回目の時はオマンコにワイヤレスで動くローターを入れていきました。朝、駅で集合して駅のトイレでみんなが見ている前でオマンコにローターを挿入しました。ローターのスイッチは巨乳JKが持ちました。この日はタンクトップ一枚と薄手のスカートという格好でした。普通に満員電車に乗る時もちょっと憚られるような胸元が大きく開いたタンクトップは脇の下から横乳が見えてしまっていましたし、ちょっとでも前かがみになると乳首まで丸見えでした。露出している人がいる、と通報されないように常連さんたちは天然むすめの周りに立っていて、そのまま天然むすめはみんなに囲まれてながら電車に乗りました。ローターを入れた時点でもう天然むすめはダメでした。上半身はスースーするし、電車の中の他人の熱気を肌で感じるとドキドキが止まりませんでした。ローターが落ちないようにこの日はパンツを履いていましたが、余計にヌルヌルしたオマンコに濡れた感覚が直接伝わってきていました。天然むすめはドアに密着するように立っていました。

天然むすめのスマートフォンでの入会の詳細はコチラから