天然むすめは素人お嬢様の口内射精お掃除フェラの無修正動画をスマホで配信

口の中に精子を入れたまま射精したオチンチンを舌で舐めていると、自分がこんなに性欲が強いなんてと思いました。口の中の精液を飲み込む時、喉に絡まる感じが気持ちよくて、掃除フェラしているときのこの他人オチンチンも大好きでした。『・・やっちゃった・・素人お嬢様に相談しないのに・・天然むすめ、やっちゃった・・でも、すごく感じた・・あんなに興奮してきもち良くなれた・・』後悔よりもあの状況でのセックスの快感が忘れられませんでした。その人と別れて一人で家に帰るとき、天然むすめの息は精子くさいままでした。口の中に残る精子の匂いが鼻に抜けて、口の中のネバネバも残ってて、天然むすめは一人電車の中でオマンコを濡らしたままだったんです。天然むすめは、この当時、このことを素人お嬢様には言えませんでした。天然むすめの中には『またやっちゃった』という罪悪感がありました。でも、それ以上に自分のやっていることの変態さにきもち良くなっている天然むすめがいました。深夜、常連さんと素人お嬢様たちにアダルトショップに連れて行かれて、バイブとか売ってるコーナーでも全裸になったこともありました。お店の一角で陳列棚の陰に隠れながら、着てきたものを脱ぐんです。着ているものの前を開くとものすごくドキドキしました。天然むすめの背後には人の気配が常にありました。すこしでも音がすると、汗が吹き出ました。着ているものを脱いで床に落とした瞬間、何かが吹っ切れた気がしました。全身の肌で店内の空気を感じるなんて露出しないとありえないことでした。陳列棚の向こうには天然むすめに気づいた人がチラチラ見てて、天然むすめはだんだんと息が荒くなってくるんです。『エッチなDVDとか買いに来た人たちのオナニーのネタにされる・・店内で裸になっている天然むすめでみんながオナニーするんだ・・』と妄想するとオマンコからどんどん汁が溢れてくる気がしました。一緒に行った素人お嬢様がズボンのチャックを開けて、勃起したオチンチンを天然むすめに握らせたときは、そのままオチンチンにしゃぶりついてしまいたくなりました。他の常連さんもオチンチンを出してきて、天然むすめを取り囲むように立っていて、天然むすめは前に立つ人たちのオチンチンを握ってあげました。硬くて熱い肉の棒はドクンドクンしてて、先端がヌルヌルしていて天然むすめはどんどんヤラシクなれました。天然むすめの視界の向こうには、全裸でオチンチンを握って息を荒くしている天然むすめを見ている人たちが見えました。『ああん・・エッチなお店で全裸でオチンチンを代わる代わるしごく天然むすめ・・見た人はみんな天然むすめでオナニーするんだ・・ああ・・』オチンチンをしごく手に力が入ってしまいました。

天然むすめのスマートフォンでの入会の詳細はコチラから