天然むすめは素人OLの4P中出し無修正動画を高画質で配信

違う日は、個室ビデオで4Pやったこともありました。あの狭い空間でオチンチン3本を交互に愛撫して、生でセックスしてもらいました。声を出すと隣の人に聞こえちゃうので出来るだけ声を我慢するのも、ものすごく興奮しました。個室から出るとき、天然むすめは乳房が半分見えるくらいのタンクトップにミニスカートで、顔と胸に3人分の精液をつけたまま受付を通りました。口の周りは精液がねっとり付いたままで、途中すれ違ったお客さんのあの天然むすめを見たときのビックリしたような顔が忘れられませんでした。昼間、お客さんが少ない路線バスの一番後ろの席で胸を露出したり、一緒にバスに乗った素人OLをフェラしたこともありました。運転手さんから見えない席に座って、周りにお客さんがいないことを確認してからでしたが、天然むすめは隣に座った素人OLのオチンチンを咥えました。バスの走る音がよく聞こえて、振動が体に響きました。素人OLは股間に顔を埋める天然むすめの後頭部を抑えていました。呼吸は苦しくて、ヨダレもダラダラ溢れてきましたが、口に入っている素人OLのオチンチンがドクドクしているのを美味しく感じ、亀頭に舌を押し付けてその味と匂いを味わいました。バスの中でフェラする天然むすめの変態姿を自分で想像すると、もう誰が見ててもいいや、って気持ちになれました。素人OLはそのまま口に射精しました。天然むすめは匂いでばれないようにできるだけ口を閉じて、この状況に酔っていました。口の中に精液を入れたままバスを降りるとき、天然むすめは膝が抜けそうなくらい興奮していました。運転手さんの目線が、天然むすめの勃起した乳首が浮かんで見えるTシャツに釘付けになっていることに気づくと、天然むすめの頭の中はオチンチンでいっぱいになっていました。運転手さんが口の中の精子に気付いてるじゃないか、と思うとその場で全裸になって犯してもらいたい気持ちになりました。盗撮の露出プレイはエスカレートしていった。電車の中で露出というか痴漢プレイをしたときの盗撮の顔を見て私は思った。『もっとできる』と。人前であんな顔をしてしまうほど理性がなくなる盗撮は、やはりこれまでの経験があるからだと思った。性やアブノーマルなことに対する許容が広いのに加えて、もともとがスケベな女だったんだろうと思う。そして、体がそれらに対しての耐性があるのだ。洗ってないチンチンをフェラするとか、精子の匂いや味、ゴムをつけずにチンチンをマンコに入れること、マンコに入れたマン汁がべっとりのチンチンを平気でフェラするとか、普通の女子が躊躇しそうなことも平気でやってのける耐性があるのだ。だから、プレイはエスカレートするしかなかった。いろいろなリスクはあったが、そうしないと盗撮を満たせないと思っていた。

天然むすめのスマートフォンでの入会の詳細はコチラから