天然むすめはモデルのおしっこ放尿無修正動画をスマートフォンで配信

「おしっこ放尿さんのオチンチン、これから慰めてくれる人いないねぇ(笑)」カスミともう一人の女性がおしっこ放尿の股間をズボンの上から撫でている。「だったら二人が世話してよぉ(笑)」とおしっこ放尿が答えると、「だいじょうぶ!モデルちゃんがいつでも手伝ってくれるよ!おしっこ放尿さんのオナニー!(笑)」「は?アタシ??・・手伝って欲しいん?(笑)・・んふふ(笑)、手伝ってもいいよぉ、その代わりゴム手袋して、アルコール消毒してからサランラップでオチンチンを巻いたらねっ!きゃは!」天然むすめは上機嫌だった。そして、私は天然むすめに対していたずら心が湧き上がってきた。「モデルちゃん、戻っておいでよ」私は天然むすめを隣に座らせ、「キスしよう」といきなりキスをした。「ん・・あーん、どうしたん?(笑)」天然むすめはニコニコしながら私のキスを受け入れた。「おぉ、天然むすめのスイッチ入った?」「あれれ?モデルちゃんがおしっこ放尿とキスしたから嫉妬か?(笑)」「あはは、天然むすめに限ってそれはないっ!(笑)」周りが私と天然むすめを興味深そうに見ているのが分かった。私はそのまま天然むすめの腰に手を回し、「みんなに見せてあげようよ、モデルちゃんのキス」と再び天然むすめにキスをした。「あーん、どーしたん(笑)キスしたいん?・・あん・・」そして、キスをしながら服の上から天然むすめの胸を揉み、股間に手を入れた。「ん・・ん」天然むすめは小さく吐息を漏らしながら、体を小刻みに動かしていた。「・・はぁ・・もう・・みんな見てるじゃん・・」天然むすめは顔を真っ赤にさせていた。私はそんな天然むすめを見てS心に火がついた。「みんなの前でセックスしようよ」私は言った。「・・え?・・ここで!?」天然むすめは驚いていた。「いいよな?店、閉めただろ?」私がバーテンに聞くと彼は「えぇ、閉めました。まぁ、好きにやってくださいよ(笑)」と笑っていた。「これから一人で慰めなきゃいけないおしっこ放尿のオナネタになってあげなよ、ね?モデルちゃん?」カスミが天然むすめにいった。「そうだよ、モデルちゃんのエッチな姿でおしっこ放尿のオカズになってあげなよ。手伝う必要なくなるし(笑)」周りの奴らもノッテきた。天然むすめは「うー」と言いながらも拒否も抵抗もしていない。「ほら、脱いで」私は戸惑っている天然むすめのカーディガンを脱がし、スカートを脱がした。天然むすめはパッドの入ったキャミとパンツだけになってソファーに座る私の股間の間にしゃがんだ。「まずはモデルちゃんのフェラ見せてあげようよ」天然むすめは抵抗しなかった。「モデルちゃんのフェラでおしっこ放尿にオナニーさせよう(笑)」「うん(笑)」理由なんてどうでもよかった。天然むすめは言われるがままに私をフェラし始めた。そして、店の皆が天然むすめのフェラを見つめた。

天然むすめのスマートフォンでの入会の詳細はコチラから