天然むすめは素人娘の仁王立ちフェラの無修正動画を高画質で配信

天然むすめは私の前に正座して股間に顔を埋めてフェラをしていた。「はあ、はぁ・・」「ちゅぱ・・ちゅぱ」とか卑猥な吐息と音が聞こえていた。天然むすめはフェラに没頭しはじめていた。「みんな見てるよ」と一言かけるだけで天然むすめは「ううん・・あん・・はぁ、はぁ・・」とますます息を荒くしていた。「みんなに脱がせてもらおうか?」「・・んう・・」正座してフェラする天然むすめの胸を揉みながら天然むすめのキャミをxxがゆっくりと脱がせた。「素人娘ちゃんのオッパイ、みんなに披露してあげようね(笑)」「ん・・」天然むすめは抵抗せずにされるがままにしている。天然むすめは上半身裸になった。「パンツも脱ぎなよ~」客の一人が天然むすめのお尻を撫でて、腰を持ちあげた。天然むすめは私のチンチンを咥えたまま腰を上げた。「素人娘ちゃん、濡れてるよ(笑)」「んぅ・・」男が天然むすめのパンツに手をかけて片足ずつゆっくりと脱がせた。天然むすめは男の手の動きに合わせて脚を抜いてパンツを脱がされた。「ほら、素人娘ちゃん見てごらん、パンツびっちょり」天然むすめは目の前に垂らされた自分のパンツをチラッと見て、そのままフェラを続けていた。「素人娘ちゃんの全裸フェラ~」「やらしい~」「乳首立ってるよ(笑)」「あの舌使いがたまんねーっす(笑)」店の皆がニタニタしながら天然むすめを見ていた。「みんなにもっと見てもらおうね」私はソファーから立ち上がった。「・・うん」天然むすめは仁王立ちする私の前で膝立ちし、フェラを続けた。「素人娘ちゃんのフェラテクいいね~」「唇の使い方が素晴らしいね(笑)」男達が天然むすめの顔の前に自分の顔を突き出して天然むすめのフェラを間近で見ている。「ん・・んぅぅ・・」天然むすめは口からチンチンを離すことなく、一心不乱にフェラをしている。舌で竿を根元から舐め上げる。竿の根元を指で挟むようにしながらゆっくりと揉み、竿の血管を唇で吸うように刺激し、カリの裏側を舌の上で擦るように舐める。「はぁ、はぁ・・」という熱い息が天然むすめの口から漏れ、ときどき「じゅるっ・・」というヨダレを吸う音が周りを興奮させていた。「ねぇ、素人娘、触っていい?」xxが私に聞いてきた。「いいよ、触ってやってよ。xxさんのお祝いだからさ(笑)」私は天然むすめに確認することなく、天然むすめの体を触ることを許可した。「いいよ、みんなも触ってよ。」「おぉ!!やっぱり素人娘は神っ!」「今日は素人娘ちゃんをシェアだなー」「素人娘ちゃん、よかったね、みんなに求められてるよ(笑)」「んぅぅ!!!」店にいた男達が一斉に天然むすめの体に群がり、天然むすめの全身を撫で、揉みはじめた。「今夜はみんなに天然むすめちゃんの体を提供するよ。」私はそんなことを言った覚えがある。天然むすめはそれを聞いて「んう・・」とチンチンを口から離さないまま潤んだ目で私を見ていた。

天然むすめのスマートフォンでの入会の詳細はコチラから