天然むすめはギャルのザーメンブッカケ無修正動画を有料で配信

「今日は特別だからさ、みんな、天然むすめちゃんにブッカケていいよ」私は仰向けに寝ている天然むすめを前に言った。「うお!マジで!」「やった!!」男達の反応は予想通りだった。誰も躊躇するものはいなかった。女たちの反応も思った通りで、男たちを煽るようなものだった。「ギャルちゃん、ブッカケられちゃうのぉ??」「ちょっとみんな、ギャルちゃんにちゃんとセーシかけてあげなよ!ギャルちゃん、すごい欲しがってる顔してんだかんね(笑)」「たっぷりかけてやるよ!」「俺、3日溜めてるかんな」「あー、ギャルちゃんがザーメン塗れになるの、見てー!(笑)」「アタシも見たーい!」男達は皆ズボンをおろし、女性陣はニタニタしていた。「天然むすめちゃん?」私は床のタオルケットの上で顔を赤らめて目を潤ませている天然むすめに言った。「みんなにかけてもらおうね?」「・・」「ね?」「・・うん・・」「じゃあ、お願いして」天然むすめの目はトロンとしており、口はいやらしく半開きで体も赤くなっているように見えた。「・・お願いします・・みんなの精子、アタシにかけてください・・」天然むすめは床の上で仰向けのまま目を開いて周囲を見渡しながらはっきりとした言葉でそう言った。「いえー!」「ギャルちゃんにブッカケ(笑)」「どこでもいいんだよね?」「・・いいよ、どこでも・・・アタシに精子かけてください・・・あ、天然むすめ・・あ、あ、あーー!!!」私は天然むすめが言い終わる前に天然むすめの脚を両手で大きく開き、チンチンをグイッと生で挿入した。「おぉ!生入れ!!」男達は自分のチンチンを握った。「天然むすめちゃん、しごいてもらうようにお願いしなきゃ」私の言葉に天然むすめが続けた。「はあ・・ああっ!!ああん!!・・しごいて!!オチンチンしごいて!!」天然むすめは自分の卑猥な言葉で感じているのか、マンコが生のチンチンにまとわりつくように締め付けた。「『アタシのセックス見て、オチンチンしごいて』って」「あ、あっ!・・アタシたちのセックス見て・・オチンチンしごいてっ!!いっぱいしごいてっ!!ああんっ!!」天然むすめのマンコはさらに私のチンチンを締め付けていた。天然むすめの口は半開きで、舌が自然と伸びている。まるで精液を口に強請っているようだった。「ギャルちゃん、こっち見て言って!」「はあ!!!!!!んん!!オチンチン、しごいてっ!!しごくの見せてっ!!!・・あんっ!すごいぃ・・オチンチン、おっきい・・あんっ!」「こっちも!」「ああ!!いっぱい見せてっ!!」「俺のも見てよ!」「ああ!!!出して!!!いっぱいしごいていっぱい出してっ!!!出して欲しい・・あああああ!!!!」天然むすめが射精便器を望んだ瞬間だった。

天然むすめのスマートフォンでの入会の詳細はコチラから